「お金や時間からもっと自由になる」を応援するブログ

なぜ金持ちは質素なのか

こんにちは、ガネゾウ(@gane_free)です。

数年前に起業して結構経ちました。

そう、創業3年くらいってあまり外には出ずに、朝から深夜までひたすらタスクをこなしていたので、他の経営者やスタートアップの方々とはあえて接することをしてきませんでした。馴れ合いにもなるし、変に情報が入ってきて気が散りますしね。

でも3年過ぎると、様々な課題が日々起こり、外部から情報を持ってきた方が実は早く解決できるんじゃないかと感じるようになり、できる限り夜は会食へ出向くようになりました。

 

さて本題ですが、多くの経営者と関わりが増えてきて、当然成功者が多くいます。経営者以外にも地主、フリーランス、いろんな人がいます。彼らはそこそこお金を持っているんですが、いたって「質素」の人が圧倒的多いです。世間のイメージの派手な社長ってほとんど出会わないですね。もちろん関わりたくないから必然と出現率が低いのもありますが笑。

私は30代で、いわゆるミレニアム世代と言われています。

周りのほとんどの経営者は高いクルマも持ってない、タバコもやらない。服や持ち物もシンプル。カバン持たない、できれば財布もマネークリップがいいという感じです。彼らがどこにお金を使っているかというと、「投資」です。

どういうところに投資をした方がいいのか

投資というとお金の投資と思いがちですが、それだけではありません。自己投資や時間投資などあります。その中でももっと長期的視点で投資すべきことは以下みたいのがあるかなと思います。

・事業投資に使う
・人材育成に使う
・若者にエンジェル投資をする
・無償で講演する(交通費や時間を気にしない)
・寄付をする
・本をケチらずに買う
・経験や知見を広げるために旅する
・お世話になった人にお礼をするために使う
・個人の資産運用に使う

浪費してしまい資産が持てない人は、目先の欲にくらんで、浪費してしまいます。

どうして金儲けでなく投資に使うのか

彼らは投資はお金を増やしたいからやるのではないんです。自分のための浪費がもたらす幸福度が小さすぎるのです。新入社員でお金がない時は、オーダースーツや時計などを買うと幸福度はかなり高かったではないでしょうか。若い頃はお金ないですからね。

稼いでいる富裕層は、ある程度お金を使ってきたため、浪費がもたらす幸福度は下がってきているのです。それよりも人や事業に投資した方が刺激があり、楽しくて、幸せ、ということなんじゃないかと思ってます。実際楽しいですよほんと。

ただ楽しい!だけでなく、投資の視点が長期なんだと思います。

何か事業をしたら取り組みをする際にも、周りの人に投資をしておくと必ず協力者が現れるようになります。それは短期の嫌らしい投資ではなく。人とつながりコミュニティができると、楽しいし絆も生まれ、長期的な幸福度は上がります。

そうすることにより自然と資産は積み上がり、それを運用して・・・と繰り返すことにより、結果として恵まれる環境に身を置くことができます。5年、10年、20年単位で回収回収。もちろんお金だけでない価値を回収できます。回収って言葉はなんか好きじゃないですけどね。

その価値観の境目が、格差を生んでいるのではないでしょうか。

ガネゾウ
ガネゾウ 

30代投資家・起業家 / 20代で起業⇒ 会社売却⇒ 現在はビジネスをしながら幅広い金融商品を運用中。ブログの感想、相談事、仕事のご連絡はTwitterまで。詳しいプロフィールはこちら

「」の記事一覧