「お金や時間からもっと自由になる」を応援するブログ

大切な2つを失ってしまうので、お金は絶対に貸してはいけない

お金は絶対に貸してはいけない。

これは私の大切にしていることです。

なぜならば、このルールを守ることでしんどい思いをすることを回避できるからです。

お金を貸すことによって、あの人本当に返してくれるのかな?と相手のことを不信に思ったりします。そんなこと思っている時間無駄ではないですか。しかも貸す相手って大半が親・兄弟・友達・恋人ですよね。つまり大切にしたい人たちです。そんな相手を疑ったりするのは心が痛みます。

 失ってしまう2つの大切なもの

ではお金が返ってことないと何を失うか。

それは「お金と人」です。

貸したお金は当然失います。

実はそれよりも悲しいのは、貸した人を失うことです。先ほど述べたとおり、貸した人とは大半が大切な人たちです。そんな人たちを失ってしまいます。悲しすぎますよね?信頼って何年、何十年って時間をかけて築くものです。それを一瞬で壊してしまうのです。

なので、絶対にお金を貸すのはやめたほうがいいです。それが1万円であろうが10万円であろうが金額問わず。1万円でも?と思うかもしれませんが昔を思い出してください。友達にゲームを借りパクされた時、ムカつきませんでしたか?その人と今でも付き合いはありますか?私はそういう人とは気付いたら今では仲良く継続できている友人はいませんね。

そういうことに巻き込まれることは不幸に繋がります。それを回避するためには「私は絶対にお金を貸さないブランディング」をすることです。

貸してと言われたらきっぱりと信念を伝えて断ることです。信念を伝えることで、その場だけでなく今後お願いされることが減っていきます。例え親だろうが兄弟でもきっぱりと断りましょう。

 2つのエピソード

先日、兄にクラウドファンディングをやるにあたり、準備金が必要で10万円貸してほしいと言われましたが迷いなく断りました。それは兄との関係を失いたくないからです。

もちろん準備金も用意できていないのにクラウドファンディングでビジネスがうまくいくとは到底思えなかったというのもありますけどね。

余談ですが、そんな私も例外的にお金を貸してしまったことはあります。しかも10年以上付き合いのある数少ない親友です。

彼は起業したばかりで、事業はぼちぼちでしたがキャッシュフローが回っていなく、150万円貸してほしい私の会社に泣きながら直談判しに来ました。かなり迷ったけど、消費者金融に借金してほしくないしこいつは助けてあげたい、裏切らないやつだからと思いその場でOKを出し、1年間無償で貸しました。まぁ最悪返ってこなく失っても悔いはないし、それ以上に恩があったから迷わず貸しました。

結果的にはちゃんと戻ってきました。どちらも失わずにホッとしました。でもその1年間はそわそわするし、彼に連絡すると返済の催促かと不安に思われたくなく、今までより気軽に連絡することができなくなっていました。これは良くないなと。

今はそのモヤっとした気持ちはなくなり、今までの気持ちに戻れました。

 お金の貸し借りはお互いによってよくない

何が言いたいかというと、お金の貸し借りはお互いにとってプラスに働くことはありません。失う代償が大きすぎます。ちょっとした断る勇気を出すだけで回避できます。私のケースは例外です。ただ私が男気を自分に試しただけなんですきっと。

なので、貸す相手もお金もなくなっていいという決意がない限り、お金の貸し借りは絶対にやめましょう。

ガネゾウ
ガネゾウ 

30代投資家・起業家 / 20代で起業⇒ 会社売却⇒ 現在はビジネスをしながら幅広い金融商品を運用中。ブログの感想、相談事、仕事のご連絡はTwitterまで。詳しいプロフィールはこちら

「お金の考え方」の記事一覧