「お金や時間からもっと自由になる」を応援するブログ

どうやって人生の幸福度をあげるか

こんにちは、ガネゾウ(@gane_free)です。

どんな時に「幸せ」って感じるのか。

どうやって幸せを感じるか。最近すごい考えています。

これ結構難しいです。人によって幸せを感じるポイントは異なるので断言は難しいですが、私の中で意識していることがあります。

 

それは「差分」によって幸せを感じることです。

 

めちゃくちゃ辛い体験をした後、うまくいったりすると達成感がありますよね。受験も終わった時に幸せになる。はちゃめちゃなプロジェクトにアサインされて炎上しまくっても何とかやり遂げる。終わった後は辛さは吹き飛び打ち上げをして、笑顔で苦労話をしつつも歴史は語り継がれるように。

その差分を意図的に生み出すことによって幸福感は多く生まれるのではないかというのが私の見解です。

 

差分を意図的に生み出す方法として、常にチャレンジし続けることです。

 

失敗を恐れて敬遠していたら、常に安全で修羅場は経験できません。修羅場の数が少ないと気持ちは一定になる。反面、チャレンジし続けていると修羅場が必然的に多くなります。そうすると果敢に取り組み、困難な出来事を乗り越えて達成感ややり甲斐を感じやすくなります。そういう人の方が人生ステップアップしていく、プラスのサイクルが回っていきます。

 

この差分をあんまりいい使い方をしない会社もあります。

よく研修時期になると、丸の内や品川あたりで不動産投資会社の新人研修が行われているのを目にするかと思います。「新人研修で名刺交換をお願いしています!」と。おそらく1日に何百枚名刺を獲得してこないと夜になっても帰ることができないというようなノルマが課されています。

入社時にかなり辛い経験をさせることによって、6月くらいに配属されて飛び込み営業やテレアポをする時にこっちのほうがラクだし楽しい!と錯覚させるように意図的に差分を使って働きがいや幸福度をあげているのです。

 

この手法は悪用はすることはよくありませんが、自分自身で日々チャレンジをし、意図的に差分を生んで幸福度をあげると人生豊かになるのではないでしょうか。

ガネゾウ
ガネゾウ 

30代投資家・起業家 / 20代で起業⇒ 会社売却⇒ 現在はビジネスをしながら幅広い金融商品を運用中。ブログの感想、相談事、仕事のご連絡はTwitterまで。詳しいプロフィールはこちら

「」の記事一覧

    お探しの記事は見つかりませんでした。


    Topへ戻る