「お金や時間からもっと自由になる」を応援するブログ

映画「億男」を観てお金と幸せの答えを考える【感想】

こんにちは、ガネゾウ(@gane_free)です。
 
休日だったので映画で上映されている「億男」を観てきました。
 
借金を抱えて主人公がある日、3億円の宝くじに当選。いきなり大金を得て不安になる主人公は昔の親友や、その仲間との出会いを通して「お金と幸せの答え」について考えるストーリーです。
 
 
まだ上映中ですので、ネタバレにならない程度でご紹介します。

 人は突然大金を手に入れると見失ってしまう

資産家でもない一般人が大金を持つと、無駄使いしたり過剰な投資をしたりして破産者に転落してしまうこともよくあります。定番なのは、豪邸を立てたり高級車を何台も購入し、最後には女に貢いで破産するのがオチです。
 
億男では借金を抱えた男が宝くじで3億円当たるところからスタートする話です。そこからお金の使い方や価値観を誤ってしまい途方にくれる末路が待っています。
 
通常、何億も手に入れると狂ってしまいます。しかし多くの起業家や投資家は、ビジネスや投資を何年も経験しているので、いい時も転落する時も周りの人を見ていたり自分で経験している人が多いです。なので突然大金が入ってもお金の使い方を間違えにくい傾向があるのではないでしょうか。
 
サラリーマンで、投資経験がなかったり家がごく一般家庭の場合は、お金の使い方には注意をしなければいけないとこの映画を見て学ぶといいと思います。
 
学ぶというか前準備ですね。近い将来、独立や何か上手くいってお金を稼げた時に迷わないよう、心の準備をしておきましょう。

 今の時代は、お金を適切に使うことが難しい

私たちが生きている現代はとても幸せな時代です。お金がなくても衣食住が整い、無償のサービスも溢れかえっています。昔と違い、お金を持っていなくてもある程度幸せに生きれてしまうのです。
 
作者の川村元気さんのインタビュー記事を引用させていただきます。
 
今はお金を何に使うのかを考えるのがむずかしい時代。昔のように「お金さえあればOK」という時代ではないし「お金がなくても幸せ」というのも信じられない。いまどき、お金があるだけで尊敬されることは、正直あまりない。だから「品」とか「格」とかを大事にするために、お金を使うようになってくるのではないかと思います。「お金とは何か?」を正しく知り、客観的にお金に向き合う。そうすれば、お金にコントロールされる側ではなく、お金をコントロールする側に回れるのではないでしょうか。

 幸せとは何か

幸せとは何か?みなさん考えていますか?
 
毎日仕事ばかりで1日が終わってしまうとなかなか立ち止まって考えることができませんよね。私はもう30代になり、時間もあるのでよく考えます。幸せってなんだろうと。
 
その答えようと幸せについての本を読み漁っていた時期がありました。その時に出会ったのが億男という本でした。
 
「お金と幸せの答えってなんだろう?」私はそれが知りたくて、この本を読みましたが明確な答えは書かれてなかったです。しかし、この本の最後にこんな言葉が書かれていました。
 
お金と幸せの答え、それはひとつではない。人間すべてひとりひとりに解がある。
 
私もその解にたどり着くように、もっとお金を稼ごうと思いました。その先になにがあるのか?その時、自分は何を思うのか?きっとその時々の環境や気持ちで答えが変わるんだと思います。それはそれでいいですよね。答えがない方が実は楽しいんだよね。
 
そんな好奇心が皆さんにもやる気にさせてくれるはず。
 
 
ストーリーもだいぶ異なるので、映画を観ていいなーっと思った人はぜひ本も合わせてご覧ください。
ガネゾウ
ガネゾウ 

30代投資家・起業家 / 20代で起業⇒ 会社売却⇒ 現在はビジネスをしながら幅広い金融商品を運用中。ブログの感想、相談事、仕事のご連絡はTwitterまで。詳しいプロフィールはこちら

「お金の考え方」の記事一覧