「お金や時間からもっと自由になる」を応援するブログ

お金の使い道がわからない人が増えている

こんにちは、ガネゾウ(@gane_free)です。

最近、「お金の使い道がわからない」という人が増えているように感じます。

ミレニアム世代ではモノに興味がない世代であり、しかもシェリングが普及されてきているので合理的にコスパを考えるとモノを所有するメリットを感じづらくなっています。

また、そもそも激務でお金を使う時間も暇もない人も日本では多いですね。

 貯金が溜まりすぎて逆に不安

これは大変贅沢な悩みでもありますが、激務で仕事好きの人であれば共感する人も多いのではないでしょうか。

私も若い時は超激務な職場にいましたし、仕事はとても好きなタイプだったので、消費するのは読書か美味しい食事くらいしかありませんでした。

趣味も特になかったので、休日はカフェ代くらいでしたね。カフェで読書して、帰り道にジムに行って筋トレして帰宅。食事は平日はサクッと外食だが平日は自炊なのでそこまでお金は入りませんでした。最近は会社での飲み会も減っているので飲み代もかかりませんしね。

このような生活をする人は毎年200〜300万円は気づいたら溜まっていくという感覚です。それで30歳になると3000万円くらい溜まっていて、このまま仕事だけして趣味もないし貯金も増えていって人生いいのか?と考えはじめてしまうのでしょう。

そこでお金の使い道を知りたい・・・と周りの人に質問しだすのです。

 使い道がないなら使わなくて良い

貯金だけだと不安なので何かに消費したいと思っても、それは無駄使いで得るものは非常に少ないです。

このまま貯金してていいのか?

そういう人は無理して浪費せずに貯金をしていればいいです。年齢重ねると、もっと大きな買い物をしたくなると思います。例えば、シェアハウスを作りたい、学校に寄付したい、不動産投資に興味が湧いてアパート一棟買いたいなどいつか次のステージが来るはずです。

やりたいことが見つかってから資金が必要になると、実行できるまでに3年くらいかかってしまうケースがあります。3年もかかるとトレンドも変わるし、一番は本人の気持ちが薄れてしまいます。一番熱がある時に取り掛からないと挑戦する機会を失くしてしまいます。

チャレンジしたい時にサッと行動できる資金力を持っておけるのは強みです。

 まずは1億円目指してみる

お金の使い道がわからない人は、まず1億円貯金してみてください。

なぜ1億円か?

1億円を種銭を資産運用をして、年利回り5%で運用したら毎年500万円の不労所得がもらえるます。何もしなくても自動的に年500万円入金されます。

その500万円を何かに使ってみてはどうですか?

元本の1億円を使うと無駄使いになったり減るリスクを恐れてしまうのが人の心理ですが、不労所得で手にいれたお金であれば使う時にも躊躇なく使えるようになります。

その500万円を全額使う必要はありませんが、100万円でも使ってみてください。使うといろんな機会や出会いがあり、お金の使い方がうまくなれますよ。これは経験してみたいとわからないと思います。

 

焦ってお金の使い方を探すより、まずは仕事を楽しみながらコツコツやって貯金してみてはいかがでしょうか。

ガネゾウ
ガネゾウ 

30代投資家・起業家 / 20代で起業⇒ 大企業に会社売却⇒ 現在はビジネスをしながら幅広い金融商品を運用中。ブログの感想、相談事、仕事のご連絡はTwitterまで。詳しいプロフィールはこちら

「お金の考え方」の記事一覧